Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も

総務省は、各自治体におけるマイナンバーカード取得促進キャンペーンの取り組み状況について調査を実施し、結果を取りまとめた。約1割の市区町村では未実施だったという。

同省では、マイナンバーカードの取得を促進させるため、周知や申請の補助などを行うキャンペーンの実施を自治体へ依頼しており、10月23日から11月2日にかけて実施状況を調べた。

都道府県を見ると、全都道府県がなんらかのキャンペーンをすでに実施しているか、今後取り組む予定。具体的には、「マイナンバーカード交付申請書用封筒の周知、利用促進」を進める自治体が30と多い。

「警察署や運転免許センターとの連携」「税担当部局や税務署との連携」は、それぞれ15の自治体が進めている。また市区町村との共催や連携なども17の自治体が取り組んでいるほか、ラジオやテレビへの展開、インターネットの活用など独自のキャンペーンを実施しているケースもある。

20171218_so_002.jpg
都道府県における取り組み内容(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
LINE、「マイナポータル」と連携 - 2017年中に電子申請案内サービス
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
特定個人情報の漏洩発生時の対応について一部改正