Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町

宮崎県川南町は、ふるさと納税ワンストップ申請を行った人へ送付した書類において、別の申請書の個人情報含む書類を誤って送付したことを明らかにした。

同町によれば、11月30日に送付したふるさと納税ワンストップ特例申請書受付書において誤送付が発生したもの。171人分の氏名と住所が記載された受付書を、92人へ送付した。12月2日に受領者から指摘があり、判明したという。

同町では、11月30日にシステムを改修したが、封筒へ自動封入を行うために書類に印字するバーコードの内容に誤りがあり、関係ない申請者の書類まで一緒に封入されてしまったという。

同町では誤送付先に連絡して、誤送付した書類の返却を要請。誤送付の対象者には説明と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2017/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
メール誤送信でふるさと納税者のメアド流出 - 網走市
ふるさと納税寄付者へ別人の申請書を誤送付 - 平川市
ふるさと納税者1891人の個人情報入りファイルを誤送信 - 小美玉市
ふるさと納税でクレカ決済希望者のメアドが流出 - 南陽市