Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 69」をリリース、仮想通貨マイニングをブロック - 脆弱性20件を修正
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃 - 「72時間以内にアカウント停止」と不安煽る
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破