Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
取引所にフォークコイン付与を求め、集団訴訟へ - 弁護団が結成
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか