Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増