Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック
仮想通貨マイニングソフト狙うアクセスが増加 - アカウントリストを調査
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも