Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
フィッシング報告、17カ月ぶりに1000件を突破 - URLも大幅増