Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定

警視庁と仮想通貨取引所10社は、サイバー犯罪への対処に向けて協定を締結した。

今回締結した「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」では、サイバー犯罪認知時の通報や捜査に関する協力方針のほか、被害拡大防止に向けた措置、情報共有などについて定められている。

今後、同協定を通じて仮想通貨を悪用した犯罪はもちろん、不正アクセスをはじめとするサイバー犯罪の事件化や被害防止対策へ連携して取り組んでいく。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映