Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設

PwCサイバーサービスは、IoT製品や組み込み機器の脆弱性診断に特化した「ハードウェアハッキング・ラボ」を開設した。

車両システムなどのIoT製品や組み込み機器、プラント設備などを対象とした脆弱性診断に注力するもの。チェックリストによる診断ではなく、攻撃者の視点から評価するブラックボックステストを提供し、ソフトウェア、ハードウェアの両側面から脆弱性を診断できるとしている。

ファームウェアに対しては、アーキテクチャに依存せず、ブラックボックステストおよびホワイトボックステストに対応。製品を分解して機器を分析し、ファームウェアで発生する可能性のある問題を探索する。

また同社では、車両システムに対するテストにおいては、車両システムと連携する機器やサーバ、スマートデバイスなど、総合的なハッキングテストサービスも提供するとしている。

20171206_pw_001.jpg
攻撃者視点で実施するセキュリティ評価(図:PwCサイバーサービス)

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料