Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」を公開している。

同ガイダンスは、Cloud Security Allianceが公開した「Security Guidance for Critical Areas of Focus on Cloud Computing v4.0」を日本語へ翻訳したもの。

クラウドのビジネス利用におけるガイダンスとなっており、アーキテクチャの解説からデータやアプリケーションなどのセキュリティ、ガバナンス、監査、インシデントレスポンスなど広く解説している。

同版についてCSAは、2011年以来、はじめてのメジャーアップデートと位置付けており、あらたに「DevOps」や「セキュアなソフトウェア開発」「SDN」「マイクロサービス」「コンテナ」などあらたなトピックを取り上げた。

英語版は7月下旬より公開されていたが、CSAジャパンが有志により日本語版を用意。同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究