Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」を公開している。

同ガイダンスは、Cloud Security Allianceが公開した「Security Guidance for Critical Areas of Focus on Cloud Computing v4.0」を日本語へ翻訳したもの。

クラウドのビジネス利用におけるガイダンスとなっており、アーキテクチャの解説からデータやアプリケーションなどのセキュリティ、ガバナンス、監査、インシデントレスポンスなど広く解説している。

同版についてCSAは、2011年以来、はじめてのメジャーアップデートと位置付けており、あらたに「DevOps」や「セキュアなソフトウェア開発」「SDN」「マイクロサービス」「コンテナ」などあらたなトピックを取り上げた。

英語版は7月下旬より公開されていたが、CSAジャパンが有志により日本語版を用意。同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
サイバーセキュリティクラウド、東証マザーズへ上場
ID-based Securityイニシアティブが発足
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収