Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、アプリケーションの脆弱性体験学習ツール「AppGoat V3.0」を、教育現場で利用する際の注意点などをまとめた「脆弱性体験学習ツール『AppGoat』を用いた集合教育実施の手引き」を公開した。

「AppGoat」は、ウェブアプリケーションやサーバ、デスクトップアプリケーションの脆弱性の概要、脆弱性の発見、対策法について、基礎的な知識を実習形式で学べる無償ツール。

今回、同ツールを高校や大学での講義、組織の新人教育など、複数の受講者がいる環境で利用する際、効率よく実施するうえで必要な段取りや注意点をまとめた手引書を用意した。

また、集合教育の実施時に、学習者の理解を助ける補助資料のサンプルとして、3種類の脆弱性解説資料もあわせて公開している。

(Security NEXT - 2017/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント