Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用

セキュリティ対策を促す内容や、フィッシング対策ソフトの提供などに見せかけて、マルウェアへ感染させようとするメールが複数確認されている。日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意を呼びかけた。

楽天銀行を装ったケースは、「不正送金・フィッシング対策ソフト『PhishWallプレミアム』提供開始について」という件名で送信。詳細の案内を装ったリンクから、不正なファイルをダウンロードさせようとしていた。

同メールでは、金融機関が実際に採用している実在のフィッシング対策ソフトの名称が記載されているが、北海道銀行が同製品の提供に関するアナウンスを行っており、そこから文面が盗用されたと見られる。

また楽天カードを装ったメールでは、セキュリティ対策を促す内容を偽装。「定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を」という件名で送信されており、クレジットカードの不正利用やマルウェアの注意喚起、パスワードの定期的変更などを呼びかける内容を記載しつつ、詳細の案内を装ったリンクから不正なファイルをダウンロードさせようとしていた。

いずれも攻撃は同じ日に確認されており、不正なファイルへ誘導するリンクの記載が、「もっと詳しくの情報はこちら」と不自然な言い回しだったという。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定