Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで53件の脆弱性に対処した。またこれ以外にも「Adobe Flash Player」の脆弱性に対処している。

20171115_ms_001.jpg
セキュリティ更新の内容を確認できるマイクロソフトの「セキュリティ更新プログラムガイド」

今回のアップデートでは、「Windows」をはじめ、同社ブラウザである「Internet Explorer」「Microsoft Edge」に関する脆弱性を解消。「Office」や関連サービス、「ASP.NET Core」「NET Core」「Chakra Core」の脆弱性に対応している。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」が19件。続く「重要」が31件、「警告」が3件だった。

脆弱性によって与える影響は異なるが、悪用された場合、リモートでコードが実行される可能性があるほか、特権の昇格、サービス拒否、情報漏洩、セキュリティ機能のバイパスなどが行われるおそれがある。

(Security NEXT - 2017/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで