Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート

Adobe Systemsは、5件の深刻な脆弱性を修正した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを提供開始した。

今回のアップデートは、範囲外のメモリを読み込む脆弱性「CVE-2017-3112」や解放済みメモリへのアクセス「CVE-2017-11215」など、あわせて5件の脆弱性へ対処したもの。

20171115_as_002.jpg
影響を受ける「Adobe Flash Player」のバージョン(表:Adobe Systems)

重要度は、すべて3段階中もっとも深刻とされる「クリティカル(Critical)」にレーティングされており、悪用された場合、リモートよりコードを実行されるおそれがある。いずれも悪用は確認されていない。

同社は、各プラットフォーム向けにこれら脆弱性を解消する最新版「同27.0.0.187」をリリースした。適用優先度は、いずれも3段階中2番目にあたる「2」で、0日以内のアップデートが目安として示されている。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3112
CVE-2017-3114
CVE-2017-11213
CVE-2017-11215
CVE-2017-11225

(Security NEXT - 2017/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで