Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA

Googleが提供するブラウザ「Chrome」において、従来と同じページにアクセスした場合にも、仕様変更により警告表示が行われるケースがあるとして、情報処理推進機構(IPA)は冷静な対応を呼びかけている。

20171110_ip_001.jpg
変更後は「保護されていません」との警告が行われる(画像:IPA)

Googleでは、10月17日にリリースした「同62」より、SSL/TLSにより暗号化されていない接続で、ウェブページの入力フォームへ文字を入力すると、アドレスバーへ「保護されていません」との表示が出るよう仕様を変更した。

従来と表示が異なり、経緯を知らない場合に侵害を受けたと勘違いするケースも考えられることから、利用者が慌てないよう、同機構ではアナウンスを行っている。

旧バージョンでは、パスワードやカード情報などの機密情報をフォームに入力した場合のみ「保護されていません」とアドレスバーに表示していた。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
OpenSSLの複数署名アルゴリズムに脆弱性 - 次期更新で修正予定
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース