Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA

Googleが提供するブラウザ「Chrome」において、従来と同じページにアクセスした場合にも、仕様変更により警告表示が行われるケースがあるとして、情報処理推進機構(IPA)は冷静な対応を呼びかけている。

20171110_ip_001.jpg
変更後は「保護されていません」との警告が行われる(画像:IPA)

Googleでは、10月17日にリリースした「同62」より、SSL/TLSにより暗号化されていない接続で、ウェブページの入力フォームへ文字を入力すると、アドレスバーへ「保護されていません」との表示が出るよう仕様を変更した。

従来と表示が異なり、経緯を知らない場合に侵害を受けたと勘違いするケースも考えられることから、利用者が慌てないよう、同機構ではアナウンスを行っている。

旧バージョンでは、パスワードやカード情報などの機密情報をフォームに入力した場合のみ「保護されていません」とアドレスバーに表示していた。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
OpenSSLのアップデートがリリース - 脆弱性3件を解消
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
OpenSSL、セキュリティアップデートを3月27日に公開予定
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
Ciscoセキュリティ製品に深刻なRCEの脆弱性 - Catalyst向けモジュールにも影響