Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にアップデート - 「同8.5.x」は3月31日にサポート終了

「Apache Tomcat」の開発チームは、現地時間2月19日にアップデートとなる「同10.1.19」「同9.0.86」「同8.5.99」「同8.5」をリリースし、セキュリティに関する機能強化などを実施した。「同8.5.x」については3月31日にサポートを終了するとして注意が呼びかけられている。

今回のアップデートでは、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)防止フィルタ」の機能強化を実施。リソース名やサブツリーURLパターンに対して非スペースを追加しないオプションを用意した。

「SSLHostConfigCertificateインスタンス」において「SSLContextインスタンス」を構成できるようになったほか、デバッグログの見直しなどを行っている。

なお、「同8.5.x」については3月31日にサポートの終了を予定しており、終了直前に最後のアップデートがリリースとなる予定。以降はアップデートが提供されなくなるため、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2024/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社