Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件

情報処理推進機構(IPA)は、2017年第3四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。あらたに3695件が登録され、累計件数は7万4691件となった。

20171025_ip_001.jpg
2017年第3四半期の登録状況(表:IPA)

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報や米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されている。

2017年第3四半期に登録されたあらたな脆弱性情報は3695件。前四半期の3511件を上回った。内訳は、国内製品開発者による登録情報が3件、「JVN」の掲載情報が181件、「NVD」の情報が3511件。

登録開始からの累計登録件数は7万4691件。また英語版には69件の登録があり、累計1797件となった。

(Security NEXT - 2017/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qの脆弱性届け出が3割減 - 目立つウェブ関連
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ