Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施

ASEAN加盟国の職員を対象としたサイバーセキュリティ演習が、10月26日と27日にフィリピンで実施される。

同演習は、ASEAN加盟国でサイバーセキュリティを主管する省庁の職員約40人を対象としたもので、標的型攻撃の検知や対処などインシデントハンドリング能力の向上と、サイバー攻撃に対応できるセキュリティ人材の育成を目的としている。

日ASEAN間で合意したプロジェクト「日ASEANサイバーセキュリティ協力ハブ」の一環として行うもので、演習内容は総務省が2013年度から実施している実践的サイバー防御演習(CYDER)と同様。ASEAN事務局より事業を受託したNECが実施する。

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加