Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施

ASEAN加盟国の職員を対象としたサイバーセキュリティ演習が、10月26日と27日にフィリピンで実施される。

同演習は、ASEAN加盟国でサイバーセキュリティを主管する省庁の職員約40人を対象としたもので、標的型攻撃の検知や対処などインシデントハンドリング能力の向上と、サイバー攻撃に対応できるセキュリティ人材の育成を目的としている。

日ASEAN間で合意したプロジェクト「日ASEANサイバーセキュリティ協力ハブ」の一環として行うもので、演習内容は総務省が2013年度から実施している実践的サイバー防御演習(CYDER)と同様。ASEAN事務局より事業を受託したNECが実施する。

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成