Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、実践的サイバー防御演習「CYDERオンライン」の提供に向けて、ベータ版受講者の募集を開始した。

同機構では、「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」のオンライン版について開発を進めており、2021年秋以降に正式提供を予定しているが、それに先立ち、「オープンベータ版」としてテスト参加者を募集し、改善してほしい点やバグなどのフィードバックを募集するもの。

「CYDERオンライン」は、リモートよりブラウザで受講者が好きなタイミングで参加できる演習サービスとして開発しており、講義資料や動画解説にくわえて仮想端末による実機演習も提供。原因調査やログ解析についてハンズオンで学ぶことができる。

「オープンベータ版」の参加費は無料だが、演習体験後にアンケートへ回答する必要がある。募集人数は300人程度で申込み多数の場合は抽選となる。

対象者は行政機関や重要インフラ、企業などに所属する情報システムの担当者。募集は5月17日までで、応募要領など詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講