Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も

「ランサムウェア」に関する情報処理推進機構(IPA)への相談が大幅に減少した。一方で被害も報告されており、引き続き注意が必要だ。

同機構によれば、2017年第3四半期に寄せられた相談件数は2336件。前四半期から38.7%減少した。

もっとも多かった相談は「ワンクリック請求」に関するもの。前四半期から27.8%減となる304件だった。スマートフォン関連の相談は77件で、前四半期から19.8%減少している。

「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談は286件。前四半期から57.3%減少した。

「ランサムウェア」に関する相談は、「WannaCrypt」の影響で急増した前四半期から9割減少して15件だった。しかし11件で実際に被害が確認されており、引き続き注意が必要だ。

20171024_ip_002.jpg
ランサムウェアの相談件数推移(グラフ:IPA)

また同四半期に同機構へ届け出があった不正アクセスは18件で、前四半期の22件を下回った。そのうち10件で被害が発生している。

被害の内訳を見ると、「なりすまし」が7件、「メール不正侵入」「侵入」「その他」がそれぞれ1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が6件で「その他」が1件。3件については原因がわかっていない。

20171024_ip_003.jpg
届け出があった不正アクセスの種類(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず