Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見

文部科学省は、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」を公開した。事前に実施したパブリックコメントでは、192件の意見が寄せられたという。

同ガイドラインは、自治体が公立校における情報セキュリティポリシーの策定や見直しを行う際、参考となるよう具体的な例文をまじえながら対策基準を示したもの。

学校における情報セキュリティポリシーの考え方や内容について解説しており、組織体制や情報資産の管理、物理面や人的側面からのセキュリティのほか、技術的な対策の基準を示しており、外部サービスの利用する場合の評価や見直しについても解説した。

教員が、個人情報を自宅に持ち帰る場合がある一方で、紛失事故による懲戒処分なども発生していることから、個人情報を外部に持ち出す際のルールについても明確化。また情報システムの運用やインシデント発生時の対応、法令遵守や懲戒処分などを解説。またセキュリティ監査や自己点検、セキュリティポリシーの見直しなどにも言及した。

同省では策定に先だち、7月4日から8月2日までパブリックコメントを実施。192件の意見が寄せられたという。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
総務省、AIネットワーク化に関する報告書を公開
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足