Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE

LINEは、2017年1月から6月の間に捜査機関から1614件の情報開示請求があり、65%の請求に対応したことを明らかにした。

同社が、2017年上半期に各国の捜査機関から受けた情報開示請求や開示を行った件数について取りまとめたもの。2016年下半期より公開を行っている

同社では、殺人、暴行、詐欺などの刑事事件においてLINEが利用された場合や、LINE上で犯罪予告が行われていると通報があった場合に限り、捜査機関からの利用者情報の開示要請に応じる場合があるとしている。

同期には1614件の開示要請があり、65%の要請に対応。1310回線に対し情報が開示された。裁判所からの令状に基づく要請は1049件で、捜査機関が捜査に必要な情報の提供を求める「捜査関係事項照会」は1件。爆破予告や自殺予告があった場合に当事者を特定する「緊急避難」は2件だった。

要請件数を国別に見ると、「日本」が1415件で全体の88%を占める。次いで「台湾」が151件、「韓国」が43件と続く。「スペイン(3件)」「イギリス(2件)」からの要請もあった。

20171012_li_001.jpg
開示請求の状況(表:LINE)

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
総務省、クラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を改定
複数脆弱性を解消した「WordPress 4.7.3」 - セキュリティ以外でも39件を修正
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か
公開済「WordPress 4.7.2」では深刻な脆弱性を修正 - 1週間遅れで情報開示
早急に「WordPress 4.7.2」へ更新を - 攻撃容易、改ざん被害も
「CS経営ガイドライン」に解説書 - 仮想事例で実践イメージ具体的に
融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件