Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE

LINEは、2017年1月から6月の間に捜査機関から1614件の情報開示請求があり、65%の請求に対応したことを明らかにした。

同社が、2017年上半期に各国の捜査機関から受けた情報開示請求や開示を行った件数について取りまとめたもの。2016年下半期より公開を行っている

同社では、殺人、暴行、詐欺などの刑事事件においてLINEが利用された場合や、LINE上で犯罪予告が行われていると通報があった場合に限り、捜査機関からの利用者情報の開示要請に応じる場合があるとしている。

同期には1614件の開示要請があり、65%の要請に対応。1310回線に対し情報が開示された。裁判所からの令状に基づく要請は1049件で、捜査機関が捜査に必要な情報の提供を求める「捜査関係事項照会」は1件。爆破予告や自殺予告があった場合に当事者を特定する「緊急避難」は2件だった。

要請件数を国別に見ると、「日本」が1415件で全体の88%を占める。次いで「台湾」が151件、「韓国」が43件と続く。「スペイン(3件)」「イギリス(2件)」からの要請もあった。

20171012_li_001.jpg
開示請求の状況(表:LINE)

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
偽「Abema TV」に注意 - 個人情報詐取や出演依頼偽装した脅迫など発生
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC