Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE

LINEは、2017年1月から6月の間に捜査機関から1614件の情報開示請求があり、65%の請求に対応したことを明らかにした。

同社が、2017年上半期に各国の捜査機関から受けた情報開示請求や開示を行った件数について取りまとめたもの。2016年下半期より公開を行っている

同社では、殺人、暴行、詐欺などの刑事事件においてLINEが利用された場合や、LINE上で犯罪予告が行われていると通報があった場合に限り、捜査機関からの利用者情報の開示要請に応じる場合があるとしている。

同期には1614件の開示要請があり、65%の要請に対応。1310回線に対し情報が開示された。裁判所からの令状に基づく要請は1049件で、捜査機関が捜査に必要な情報の提供を求める「捜査関係事項照会」は1件。爆破予告や自殺予告があった場合に当事者を特定する「緊急避難」は2件だった。

要請件数を国別に見ると、「日本」が1415件で全体の88%を占める。次いで「台湾」が151件、「韓国」が43件と続く。「スペイン(3件)」「イギリス(2件)」からの要請もあった。

20171012_li_001.jpg
開示請求の状況(表:LINE)

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
企業のセキュ対策情報開示で手引書 - 総務省
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省