Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送

仙台放送は、復興マラソンの参加者など個人情報含む業務用パソコンの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同社によれば、10月2日に従業員が業務用ノートパソコンを紛失したもの。同社が主催する「東北・みやぎ復興マラソン2017」に関する個人情報が保存されていたという。

具体的には、エントリーした参加者約1万4000人分のほか、ボランティア約1000人分の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが含まれる。

同社では対象者にメールで連絡したほか、あらためて書面で謝罪。パソコンの探索や情報流出の状況について引き続き調査を進めていく。

(Security NEXT - 2017/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組