Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送

仙台放送は、復興マラソンの参加者など個人情報含む業務用パソコンの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同社によれば、10月2日に従業員が業務用ノートパソコンを紛失したもの。同社が主催する「東北・みやぎ復興マラソン2017」に関する個人情報が保存されていたという。

具体的には、エントリーした参加者約1万4000人分のほか、ボランティア約1000人分の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが含まれる。

同社では対象者にメールで連絡したほか、あらためて書面で謝罪。パソコンの探索や情報流出の状況について引き続き調査を進めていく。

(Security NEXT - 2017/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる