Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で

一方ですべてのサービスを1種類のパスワードで利用しているとの回答も15.5%にのぼっており、前回調査の15.8%から大きな変化は見られなかった。

パスワードを使い回す理由では、「異なるパスワードを設定すると忘れてしまう」が69.7%でもっとも多く、「異なるパスワードを考えるのが面倒(45.3%)」「使い回してもリスクはないと思っている(11.8%)」と続く。

パスワードの管理方法では、「手帳やノートにメモする」が44.7%で、前回調査とほぼ同水準だった。一方、「書いたり保存せず覚えておく」は26.4%で、前回調査の36.5%から減少。パスワード管理製品の利用は5.2%で、前回調査の4.2%から微増となった。

20171005_tm_001.jpg
使い回しをしているユーザーが多数を占めた(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起