Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているユーザーは85.2%にのぼり、15.5%が1種類のパスワードですべてのサービスを利用していることがわかった。

トレンドマイクロが、6月にインターネットでパスワード利用に関する意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。ウェブサービスの利用者515人が回答した。

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているとの回答は85.2%。2014年に実施した前回調査の93.1%から7.9ポイント改善したものの、依然として8割を超える回答者が使い回しをしていた。

使い回すパスワードの数を聞いたところ、「2〜3種類を使い回す」が41.4%。前回調査と比較すると、「2〜3種類」が56.4%から減少する一方、「4〜5種類」「6種類以上」の割合が増えた。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍