Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、政府の研究開発事業における自動車自動走行システムの情報セキュリティ分野で、対攻撃性能を検証する評価手法や評価ガイドラインの策定に取り組むことを明らかにした。

政府では2014年度より、研究開発事業「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」を推進。同事業の管理法人である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より、自動走行システムの大規模実証実験における情報セキュリティに関する取り組みについて受託したもの。

2017年度は、自動走行における車両のセキュリティ脅威の調査と分析を行い、国際標準化も視野に入れた車両の対攻撃性能を検証するセキュリティ評価手法を策定。2018年度には、策定した評価手法を用いて実証実験を行い、評価手法の検証を踏まえてセキュリティ評価ガイドラインの策定を目指す。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
探索されるMQTT中継サーバ - 不用意な外部公開に注意を
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発