Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市

大分県津久見市において、同市内に住む全世帯主の個人情報などが保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、罹災確認書や証明願いなど、台風18号に関する事務作業を行う際に利用するUSBメモリを紛失したもの。

USBメモリの内部には、全世帯主の氏名と住所のほか、台風18号の罹災状況に関する調査内容など、個人情報が保存されていた。現時点で、紛失したデータの不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府