Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市

大分県津久見市において、同市内に住む全世帯主の個人情報などが保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、罹災確認書や証明願いなど、台風18号に関する事務作業を行う際に利用するUSBメモリを紛失したもの。

USBメモリの内部には、全世帯主の氏名と住所のほか、台風18号の罹災状況に関する調査内容など、個人情報が保存されていた。現時点で、紛失したデータの不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院