Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション

NTTテクノクロスは、モバイル端末のカメラで手のひらによる静脈認証を実現するソリューション「BioPassport」を、12月下旬より提供開始する。

同製品は、モバイル端末のカメラに手のひらをかざすことで、「Windows 10」へのログオンを可能にする生体認証ソリューション。専用の読み取り機器を用意することなく利用可能で、パスワードと組みあわせた2要素認証にも対応する。

同社では、認証制度について本人が誤って拒否される割合を0.1%としており、他人を誤って認証する割合は0.0003%としている。2年間利用する際のライセンス価格は、1ユーザーあたり1万368円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応