Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション

NTTテクノクロスは、モバイル端末のカメラで手のひらによる静脈認証を実現するソリューション「BioPassport」を、12月下旬より提供開始する。

同製品は、モバイル端末のカメラに手のひらをかざすことで、「Windows 10」へのログオンを可能にする生体認証ソリューション。専用の読み取り機器を用意することなく利用可能で、パスワードと組みあわせた2要素認証にも対応する。

同社では、認証制度について本人が誤って拒否される割合を0.1%としており、他人を誤って認証する割合は0.0003%としている。2年間利用する際のライセンス価格は、1ユーザーあたり1万368円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など