Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円

組織の約4割が、2016年にインシデントによる重大被害を経験し、年間の平均被害額は2億3177万円だったとする調査結果をトレンドマイクロが取りまとめた。

20170915_tm_002.jpg
重大被害を経験した割合(グラフ:トレンドマイクロ)

同社が6月末にインターネットで調査を実施し、取りまとめたもの。企業や官公庁、自治体におけるセキュリティ対策の意思決定者および意思決定関与者を対象に実施し、1361人が回答した。

同社では、情報漏洩、ランサムウェアによるデータ暗号化、金銭詐欺などを「重大被害」と定義。2016年の1年間に41.9%が重大被害を経験していたという。

最多は「従業員、職員に関する個人情報漏洩」で14.2%。次いで「顧客情報の漏洩(10%)」「業務提携先情報の漏洩(8.1%)」「ランサムウェアによるデータ暗号化(7.6%)」と続く。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害