Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁

消防庁は、災害時対策用のノートパソコンが所在不明になっていることを明らかにした。

同庁によれば、中央合同庁舎内にある消防防災・危機管理センターに設置していたノートパソコンが、設置場所からなくなっていることが8月21日9時ごろ判明したという。

問題のパソコンは、災害時の緊急消防援助隊の派遣に関する業務で使用しているもので、総務省のLANとは接続していない専用端末だという。

職員の公用携帯電話番号1件、組織のメールアドレス1件、災害時に利用するシステムのアカウント情報3件が保存されていた。九州北部豪雨の際の緊急消防援助隊と消防庁との連絡事項なども記録していたが、被災者の個人情報は含まれていないとしている。

今回の問題を受けて同庁では、紛失したパソコンに含まれる携帯電話番号とメールアドレス、システムアカウントを無効化するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府