Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁

消防庁は、災害時対策用のノートパソコンが所在不明になっていることを明らかにした。

同庁によれば、中央合同庁舎内にある消防防災・危機管理センターに設置していたノートパソコンが、設置場所からなくなっていることが8月21日9時ごろ判明したという。

問題のパソコンは、災害時の緊急消防援助隊の派遣に関する業務で使用しているもので、総務省のLANとは接続していない専用端末だという。

職員の公用携帯電話番号1件、組織のメールアドレス1件、災害時に利用するシステムのアカウント情報3件が保存されていた。九州北部豪雨の際の緊急消防援助隊と消防庁との連絡事項なども記録していたが、被災者の個人情報は含まれていないとしている。

今回の問題を受けて同庁では、紛失したパソコンに含まれる携帯電話番号とメールアドレス、システムアカウントを無効化するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市