Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意

20170821_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

オンラインショッピングサイト「Amazon」を装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会は注意喚起を行った。

同協議会によれば、問題のメールは、「アカウントのロックを解除する」という件名で送信されているもの。

問題のメールでは、アカウント情報の一部に誤りがあると説明し、情報を確認する必要があるなどとして、記載したURLから偽サイトへ誘導。

応答がない場合はアカウントをロックするなどとして不安を煽っていた。

2段階で情報を窃取する手法を用いており、誘導先のページでアカウント情報、さらに遷移したページで、セキュリティコードを含むクレジットカード情報や住所などをだまし取る。

これまでも、「Amazon」を装い、「サービスが中断された」「登録された情報が誤っている」などとだまし、「アカウントの更新」などと称して偽サイトに誘導するケースが4月に確認されている

またエフセキュアの調査によれば、世界的にも「Amazon」を装ったフィッシング攻撃は多数発生している

フィッシング対策協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。情報を誤って送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「.htaccess」ファイル改ざんに注意 - CMSが標的に
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に