Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アカウントの更新が必要」とだます偽Amazonにご用心

20170407_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト。遷移先からクレジットカード情報などだまし取る(画像:フィ対協)

Amazonの利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。複数の偽サイトが確認されており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

今回確認された攻撃では、「アカウントを更新する必要があります」「アカウントの更新」といった件名のメールを送信。「サービスが中断された」「登録された情報が誤っている」などとだまし、「アカウントの更新」などと称して偽サイトに誘導していた。

フィッシングサイトでは、Amazonのアカウント情報のほか、クレジットカードなど個人情報をだまし取る。同協議会が報告を受けただけでも、すでに9種類のURLが確認されている。

同協議会が把握しているフィッシングサイトは、いずれもすでに停止しているが、類似した攻撃へ注意するよう同協議会では呼びかけた。

Amazonを装ったフィッシングは、以前から発生しているが、2017年に入ってからは、正規サイト内に偽サイトが設置されるケースなども確認されている。

(Security NEXT - 2017/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
「本日キャンセルしないと請求発生」 - 動画配信サービスのフィッシングに注意
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に