Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール製品の機能を拡張するクラウドベースの「アプリケーションフレームワーク」を発表した。

20170810_pn_001.jpg
「アプリケーションフレームワーク」の概要

同フレームワークは、同社やサードパーティ、製品ユーザーにおいて、同社の製品基盤を利用したセキュリティアプリケーションを開発、利用できる枠組み。

具体的には、パロアルトネットワークスのセンサーや顧客固有のデータストア、インフラストラクチャを活用したアプリケーションを開発することが可能。

製品利用者は、サードパーティ各社が提供するアプリケーションはもちろん、自身で開発したアプリケーションについて評価、導入できる。

同社によれば、すでに30社以上のセキュリティベンダーが同フレームワーク向けのアプリケーションの開発を進めており、製品利用者には2018年の初旬より提供する予定。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
東芝ライテック製のホームゲートウェイに複数脆弱性
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開