Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%

国内のビジネスパーソンにおいて、7%がIDを窃取された経験があるとの調査結果をA10ネットワークスが取りまとめた。

20170810_at_001.jpg
PCやスマホの紛失経験(グラフ:A10)

同社が、日本を含む10カ国において、従業員100人以上の企業で働くビジネスパーソンとIT管理者2000人を対象にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

IDを窃取されたことがある回答者は、全体平均で13%。国内では7%が被害にあったことがあるという。特に高い数値を示した国は中国で、39%にのぼった。

全体の21%、日本の9%がパソコンやスマートフォンを紛失。ドイツでは1%にとどまる一方、「中国(40%)」「インド(39%)」では4割前後の回答者が紛失経験を持つなど、調査対象国で大きな差が見られた。一方端末の盗難については、回答者全体の14%、日本の9%が経験していた。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か