Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開

バッファローの無線LAN対応ルータ「WSR-300HP」に脆弱性が含まれていることが判明した。ファームウェアのアップデートが公開されている。

同製品において、細工されたリクエストによって、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2014-8361」が含まれていることが判明したもの。

同社では、脆弱性を修正したファームウェアを用意。「バージョン2.40」以降を利用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み