Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏

マルウェアや攻撃者、脆弱性情報、緩和策といった脅威関連情報は、今後共有が進み、セキュリティベンダーの「収入源」ではなくなるとの見通しをRSAのセキュリティ専門家が示した。

20170802_rs_001.jpg
Mike Brown氏

EMCのセキュリティ部門であるRSAにおいて、グローバルパブリックセクターのジェネラルマネージャを務めるMike Brown氏が述べたもの。

同氏は、5月に米国で発行された「大統領令13800」において、政府組織などがリスクの緩和にくわえ、協業できる民間組織を示すよう求められた状況に触れ、米政府は、セキュリティで民間の協力なくして成功を収めることができないと認識していると指摘。

すでにリアルタイムに近い情報共有の取り組みがはじまっており、同氏は代表的な例として、米国土安全保障省(DHS)が推進するサイバー脅威情報を共有する取り組み「Automated Indicator Sharing(AIS)」、民間主導でセキュリティ企業が参加する「Cyber Threat Alliance(CTA)」を挙げた。

(Security NEXT - 2017/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業