Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏

マルウェアや攻撃者、脆弱性情報、緩和策といった脅威関連情報は、今後共有が進み、セキュリティベンダーの「収入源」ではなくなるとの見通しをRSAのセキュリティ専門家が示した。

20170802_rs_001.jpg
Mike Brown氏

EMCのセキュリティ部門であるRSAにおいて、グローバルパブリックセクターのジェネラルマネージャを務めるMike Brown氏が述べたもの。

同氏は、5月に米国で発行された「大統領令13800」において、政府組織などがリスクの緩和にくわえ、協業できる民間組織を示すよう求められた状況に触れ、米政府は、セキュリティで民間の協力なくして成功を収めることができないと認識していると指摘。

すでにリアルタイムに近い情報共有の取り組みがはじまっており、同氏は代表的な例として、米国土安全保障省(DHS)が推進するサイバー脅威情報を共有する取り組み「Automated Indicator Sharing(AIS)」、民間主導でセキュリティ企業が参加する「Cyber Threat Alliance(CTA)」を挙げた。

(Security NEXT - 2017/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了