Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認

外国為替取引サービスを提供するマネースクウェア・ジャパン(M2J)は、同社ウェブサイトが不正なアクセスを受けた問題で、調査結果の詳細を明らかにし、2016年にも11万件の情報流出があったことを明らかにした。

20170801_mj_001.jpg
調査結果を公表したM2J

同社では7月に不正アクセスを検知。その後の調査で顧客情報の流出が判明したほか、同調査の過程で2016年7月から同年11月にかけて不正アクセスを受けた形跡があらたに発覚し、詳しく調べていた。

同社では外部事業者をまじえた調査を終えたとし、それぞれの不正アクセスによる被害を取りまとめた。7月の不正アクセスで流出した顧客情報はあわせて2455件。

流出した顧客情報の内容は、氏名とメールアドレスのみのケースが2180件と大半を占めるが、一部では住所、メールアドレス、電話番号、生年月日、IDのほか、当時の現金残高、銀行口座情報、職業や保有金融資産の概要、投資経験、投資目的など含むアンケート情報なども含まれる。

(Security NEXT - 2017/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生