Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認

一方2016年の不正アクセスでは、11万2364件の顧客情報が流出したことが判明。IDや生年月日、メールアドレス、電話番号、初回パスワードなどが中心となるが、一部にバーチャル口座情報も含まれる。2016年の流出で確認された氏名や住所、口座情報、現金残高などは含まれていないとしている。

同社は調査結果を受け、関連する顧客に対して個別に事情を報告し、謝罪するほか、窓口による対応も行う。また社内の調査チームでインシデントの発生原因について調査を進め、セキュリティ対策の強化など再発防止に向けて対策に取り組む。

今回の不正アクセスにともなう情報流出に関して、報告を受けた関東財務局では、同社に対して業務改善命令を出しており、対策を講じた上で8月16日までに書面で、対応状況などを報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大