Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、サイバーセキュリティ対策へ貢献したとして、クルウィットの島村隼平氏、およびRecruit-CSIRTに、感謝状を贈呈した。

20170726_jp_001.jpg
感謝状贈呈の模様。JPCERT/CCの代表理事である歌代和正氏(画面左)と島村隼平氏(同右)

同センターでは、「JPCERT/CC感謝状制度」を2014年4月に制定。

国内においてセキュリティ対策の活動で貢献した人物などへ感謝状を贈呈している。

第4回目となる2017年度は、情報通信研究機構(NICT)の「NICTERプロジェクト」において分析官を10年以上務め、脆弱性や攻撃活動の分析結果を同センターに提供しているクルウィットの島村隼平氏が選ばれた。

同氏は、IoT機器を標的としたマルウェア「Mirai」の分析においても有用な情報を提供し、国内の被害低減に貢献したという。

さらに、自社で確認した標的型攻撃の詳細な情報をいち早く共有することで、タイムリーな注意喚起や早期警戒情報の周知といった被害の拡大防止に貢献したとして、Recruit-CSIRTを選出した。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定