Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス

ソフトバンク・テクノロジーは、取引先情報を含む検証用のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。情報が外部へ流出した可能性もあるとし、詳細について調査を進めている。

不正アクセスを受けたのは、保守契約管理システムを検証するためのサーバ。取引先4071社分の情報が保存されており、企業名、担当者名、電話番号、メールアドレスなど1万2534件が含まれる。

20170724_st_001.jpg
対応の経緯(表:ソフトバンク・テクノロジー)

同社によれば、内部ネットワークにおいて、7月17日に仮想通貨を採掘するマルウェアを検出。

同マルウェアの挙動を調べたところ、問題のサーバに対してアクセスを行っており、保存されていた取引先情報へ攻撃者がアクセスできる状態に置かれていたことが判明した。

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
もみじまんじゅう老舗店に不正アクセス - 偽画面でクレカ情報詐取被害
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV