Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス

ソフトバンク・テクノロジーは、取引先情報を含む検証用のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。情報が外部へ流出した可能性もあるとし、詳細について調査を進めている。

不正アクセスを受けたのは、保守契約管理システムを検証するためのサーバ。取引先4071社分の情報が保存されており、企業名、担当者名、電話番号、メールアドレスなど1万2534件が含まれる。

20170724_st_001.jpg
対応の経緯(表:ソフトバンク・テクノロジー)

同社によれば、内部ネットワークにおいて、7月17日に仮想通貨を採掘するマルウェアを検出。

同マルウェアの挙動を調べたところ、問題のサーバに対してアクセスを行っており、保存されていた取引先情報へ攻撃者がアクセスできる状態に置かれていたことが判明した。

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
東芝グループ会社に不正アクセス - メール情報流出の可能性
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性