Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付

「Apple」を装って「Apple ID」のアカウント情報を窃取しようとするフィッシング攻撃が確認された。添付のHTMLファイルから、フィッシングサイトへ誘導するという。

20170714_ap_001.jpg
フィッシングに利用されたHTMLファイル(画像:フィ対協)

同社を装ったフィッシング攻撃はたびたび発生しており、フィッシング対策協議会による注意喚起は今月2度目。

同協議会によれば、問題のフィッシングメールは「再:購入の通知」という件名で流通しているという。

メールの本文には、Apple Payにより商品が購入されたかのように見せかけ、キャンセルには手続きが必要などとして、「請求書」として添付されたファイルから手続きを行うよう求めていた。

添付ファイルは本文に「pdf」と記載されているが、実際はHTMLファイルで、「この購入をキャンセルするにはこちらをクリックしてください」と書かれたリンクからフィッシングサイトへ誘導。Apple IDのアカウント情報をだまし取ろうとする。

誘導先のフィッシングサイトは、URLベースで2件が確認されているが、そのうち1件はHTTPSによる暗号化通信へ対応していた。

同協議会では、7月13日の段階でフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加