Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、組織向けに標的型攻撃対策の解説資料 - 「人、組織対策」と「技術的対策」を解説

総務省は、官公庁や企業において推奨される標的型攻撃対策の防御モデルについて、人的対策と技術的対策の視点からまとめた資料「サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説」を公開している。

20170714_so_001.jpg
サイバー攻撃(標的型攻撃)対策
防御モデルの解説(簡易版)より

同省では2013年度より、「サイバー攻撃対策防御モデル・実践演習の実証実験」事業の一環として、官公庁と企業におけるサイバー攻撃の防御モデルについて検討を進めてきた。同資料はその成果を取りまとめたもの。標的型攻撃へ対応する担当者や関係者を読者として想定している。

防御モデルは「人、組織対策」と「技術的対策」で構成。人、組織対策では、「インシデントレスポンス」についてプランニングとハンドリングに分けて、プロセスや実施すべき項目を解説した。

また技術的対策では、被害を未然に防ぐ、または被害に遭いにくいシステム環境を構築する「事前対策」、ログに残された痕跡を分析して攻撃を認知する「検知」、被害拡大の防止や証拠保全を目的とした「事後対策」について、ポイントを解説した。

(Security NEXT - 2017/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも