Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし

スマートフォン向けアプリにおいて、プライバシーポリシーの記載が進む一方、利用者情報を取得するアプリにおいて、プライバシーポリシーへその旨を記載したり、個別に同意を取るアプリは半数に満たないことがわかった。

スマートフォンアプリケーションプライバシーポリシー普及・検証推進タスクフォースが、国内向けスマートフォンアプリにおけるプライバシーポリシーの記載状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。2016年10月に国内で人気がある上位100件の無料アプリを対象に調査を実施した。

Androidアプリではプライバシーポリシーを83%が掲載。2015年10月実施の前回調査から5ポイント上昇した。ただし、個々のアプリ向けに専用のプライバシーポリシーを用意しているケースは11%にとどまり、前回調査から1ポイント減少した。

「取得される情報の項目」についてプライバシーポリシー内に記載しているアプリは89.2%で前回調査の70.5%から上昇。「利用目的の特定、明示」も86.7%と記載率は比較的高い。一方「利用者情報の送信先の記載」は33.7%、「情報収集モジュールに関する記載」は22.9%にとどまる。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都