Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害

中小企業の18%が標的型攻撃メールを受信したことがあり、7%がランサムウェアに感染してファイルが暗号化された経験があることがわかった。一方でセキュリティにかける予算は限られているという。

大阪商工会議所が実施したサイバー攻撃対策に関するアンケート調査で明らかになったもの。3月から6月にかけて、関西地方で商工会議所の会員である中小企業や団体などを対象に実施し、315社が回答した。

同調査によると、18%が標的型攻撃メールを受信したことがあると回答。また、7%にあたる22社が、ランサムウェアに感染してファイルが暗号化されたことがあると回答した。1部署のデータすべてが暗号化されたケースもあったという。

実施しているセキュリティ対策について尋ねたところ、マルウェア対策ソフトの導入はもっとも多かったものの78%で、約2割が未導入だった。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害