Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害

中小企業の18%が標的型攻撃メールを受信したことがあり、7%がランサムウェアに感染してファイルが暗号化された経験があることがわかった。一方でセキュリティにかける予算は限られているという。

大阪商工会議所が実施したサイバー攻撃対策に関するアンケート調査で明らかになったもの。3月から6月にかけて、関西地方で商工会議所の会員である中小企業や団体などを対象に実施し、315社が回答した。

同調査によると、18%が標的型攻撃メールを受信したことがあると回答。また、7%にあたる22社が、ランサムウェアに感染してファイルが暗号化されたことがあると回答した。1部署のデータすべてが暗号化されたケースもあったという。

実施しているセキュリティ対策について尋ねたところ、マルウェア対策ソフトの導入はもっとも多かったものの78%で、約2割が未導入だった。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ