Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害

中小企業の18%が標的型攻撃メールを受信したことがあり、7%がランサムウェアに感染してファイルが暗号化された経験があることがわかった。一方でセキュリティにかける予算は限られているという。

大阪商工会議所が実施したサイバー攻撃対策に関するアンケート調査で明らかになったもの。3月から6月にかけて、関西地方で商工会議所の会員である中小企業や団体などを対象に実施し、315社が回答した。

同調査によると、18%が標的型攻撃メールを受信したことがあると回答。また、7%にあたる22社が、ランサムウェアに感染してファイルが暗号化されたことがあると回答した。1部署のデータすべてが暗号化されたケースもあったという。

実施しているセキュリティ対策について尋ねたところ、マルウェア対策ソフトの導入はもっとも多かったものの78%で、約2割が未導入だった。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず