Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カブドットコム証券にDDoS攻撃 - 一時アクセスしづらい状態に

カブドットコム証券は、ウェブサイトがDDoS攻撃を受け、サイトへアクセスしづらい状態になったことを明らかにした。現在は復旧している。

同社によれば、6月29日の前場取引開始時間より同社サイトに対するDDoS攻撃が発生。一時取引サイトなどへアクセスしにくい状態が発生した。

同社では、プロバイダのDDoS攻撃対策サービスを利用しており、9時に異常を検知。調査を開始した直後にアクセス障害へ陥った。今回の障害でコールセンターにも問い合わせの電話が集中し、同じくつながりにくい状況だったという。

攻撃の発生を受けて、同社は警察やベンダーなど関係各所に連絡。9時28分より攻撃発信元の特定に向けて調査を開始し、10分後の9時38分には攻撃を遮断した。攻撃の遮断により、同時間より正常にアクセスできる状態へと復旧したという。

同社は、今回サイバー攻撃による取引システムの異常などは生じておらず正常に稼働しているとし、情報流出などについても否定している。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も