Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」より巧妙? 「Petya」亜種、「Mimikatz」など「攻撃者御用達ツール」でも感染拡大

6月27日よりランサムウェア「Petya」の感染が欧州を中心に広がっている。「WannaCrypt」と同様に脆弱性「MS17-010」を利用するのはもちろん、Windowsのユーティリティなど、サイバー攻撃で頻繁に利用されるツールが感染活動に悪用されていた。

同マルウェアは、「Petya」のほか、「Petrwrap」「Nyetya」「GoldenEye」といった別名でも呼ばれるランサムウェア。60種類以上のファイルに対して暗号化を行う機能を備えている。

マスターブートレコードを上書きすることから「Petya」の亜種とされる一方、従来の「Petya」にない機能も多数備え、「Petya」とは異なるマルウェアと見るセキュリティベンダーもある。

「WannaCrypt」と同様に攻撃グループ「Shadow Broker」が4月に公開した「EternalBlue」を利用。「Windows」における「SMBv1」処理の脆弱性「MS17-010」を悪用し、ネットワーク経由で感染を拡大するおそれがある。

また「Mimikatz」を利用してアカウント情報を窃取し、Windowsに用意されているユーティリティ「PsExec」や「WMIC(Windows Management Instrumentation Command-line)」を使用してネットワーク内に感染を拡大する機能も備えていたという。

これらはサイバー攻撃で利用される代表的なツールとして知られており、ネットワーク内部へ侵入されるインシデントが発生した際の調査において、実行された痕跡がないかログの調査対象とすべきツールにも挙げられている。

(Security NEXT - 2017/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か