Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感震ブレーカーの設置対象者リストが所在不明 - 杉並区

東京都杉並区は、感震ブレーカーの設置工事を委託している事業者が、設置対象者の個人情報含むリストを紛失したことを明らかにした。

同区によれば、感震ブレーカーや家具転倒防止器具など防災機器の取り付け支援事業において、設置工事を委託している事業者が設置先のリストを紛失したもの。6月13日に判明した。

紛失したリストには、感震ブレーカーや家具転倒防止器具の取り付けを希望する区民34人の氏名や住所、電話番号、家屋所有状況などが記載されていた。収納ボックスに入れ忘れ、紛失した可能性が高いという。

同区では、警察へ届け、対象となる区民に対しては事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府