Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生

オンラインロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー XIV」のサーバがDDoS攻撃を受け、断続的なネットワーク障害が発生していたことがわかった。

同ゲームを運営するスクウェア・エニックスによれば、6月17日より北米データセンターのゲームサーバを狙ったDDoS攻撃が発生。手法を変えつつ、断続的に激しい攻撃が行われたという。

同攻撃により、同月17日、19日、21日にネットワーク障害が発生。ゲームサーバやネットワーク機器、ネットワーク回線に高い負荷がかかる状態となり、ゲームプレイ中にサーバから切断されたり、ログインしづらくなるなど影響が出た。

同社では対策と復旧を進め、21日18時半過ぎに復旧が完了。現在は正常に利用できる。また、今回のサイバー攻撃によるユーザーの個人情報流出については否定している。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード