Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始

情報処理推進機構(IPA)は、若年層向け啓発イベント「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール 2017」の作品募集を開始した。

20170605_ip_001.jpg
ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール 2017

同コンクールは、情報モラルやセキュリティの啓発を目的に、小中高生から標語やポスターなどの作品を募集するもの。2006年から実施しており、今回で13回目となる。

今回は、「パソコン」「ウイルス」「パスワード」「なりすまし」「アップデート」「スマートフォン」「SNS」「著作権」「個人情報」などをテーマに、「標語」「ポスター」「4コママンガ」の作品を募集する。

小学生に関しては「書写」も対象としているほか、学校を対象に、同コンクールを活用した情報モラルやセキュリティ教育の活動事例も募集している。

作品の応募締切は9月7日。応募用紙を同機構のサイトからダウンロードして応募する。結果は12月下旬に発表する予定。コンクールの詳細は、同機構のサイトで確認できる。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器
安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表
若年層向け啓発コンクールの受賞作品が決定 - あらたに文科大臣賞も
学生向けセキュリティコンクールの受賞候補作品を公開 - 意見を募集
「第25回まんが甲子園」、2016年テーマに「情報流出」
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
IPA若年層向け情報啓発コンクールの受賞作品を決定 - 応募作品は過去最多の3万3335点
IPA、若年層向け啓発コンクールの作品募集をスタート - 2014年は「硬筆」も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞