Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意

トレンドマイクロは、SDNと連携するセキュリティ対策ソリューション 「Trend Micro Policy Manager 2.5」を、8月初旬より提供開始する。

同製品は、「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」をセンサーとして使用し、検知した脅威情報などのインシデント情報に基づいて、SDNコントローラやスイッチよりネットワークを動的に制御するソリューション。

今回あらたに汎用の制御APIを用意。従来のNECにくわえ、APRESIA Systemsやアラクサラネットワークスの製品との連携に対応した。今後は、富士通との連携ソリューションも提供する予定。

制御対象ノード数が1000から1999のネットワークで使用する場合、1年間の料金は259万2000円。対応するSDN関連機器との接続用プラグインが含まれる。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中