Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意

トレンドマイクロは、SDNと連携するセキュリティ対策ソリューション 「Trend Micro Policy Manager 2.5」を、8月初旬より提供開始する。

同製品は、「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」をセンサーとして使用し、検知した脅威情報などのインシデント情報に基づいて、SDNコントローラやスイッチよりネットワークを動的に制御するソリューション。

今回あらたに汎用の制御APIを用意。従来のNECにくわえ、APRESIA Systemsやアラクサラネットワークスの製品との連携に対応した。今後は、富士通との連携ソリューションも提供する予定。

制御対象ノード数が1000から1999のネットワークで使用する場合、1年間の料金は259万2000円。対応するSDN関連機器との接続用プラグインが含まれる。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT