Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS製マルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性 - 今月2度目の定例外アップデートで修正

「Windows」に搭載されている「Windows Defender」や、「Microsoft Endpoint Protection」などに搭載されているMicrosoftのマルウェア対策エンジンに、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用は確認されていないが、悪意あるファイルをスキャンした際にコードを実行される深刻度「緊急」の脆弱性3件が含まれる。

同社のマルウェア対策エンジンの「バージョン1.1.13704.0」に8件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。5月上旬に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2017-0290」が判明し、同社は定例外のアップデートで対処したが、いずれも別の脆弱性となる。

「Windows Defender」や「Microsoft Security Essentials」「Microsoft Endpoint Protection」「Microsoft Forefront Endpoint Protection」「Windows Intune Endpoint Protection」のほか、「Microsoft Exchange Server」も同エンジンを搭載している。

これら脆弱性は、Googleの研究者が5月16日に報告したもので、これを受けてMicrosoftでは、5月25日に「バージョン1.1.13804.0」をリリース。CVEベースで8件の脆弱性へ対処した。脆弱性の悪用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消