Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE、FIDOアライアンスにボードメンバーとして加盟

LINEは、FIDOアライアンスへボードメンバーとして加盟した。今後、同認証方式を同社のサービスやアプリケーションに導入するとしている。

FIDOアライアンスは、認証方式「FIDO(Fast IDentity Online)」の国際標準化を目指す業界団体。GoogleやMicrosoft、Intel、NTTドコモなど34社のボードメンバーを含む250以上の企業や団体が参加している。

LINEでは、「FIDO」による認証方式を同社のSNSサービス「LINE」やその他アプリケーションに導入する予定で、今後は、IoTやAIを活用した新しいサービスやアプリケーションにおいても、同方式を採用していきたい考え。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
「FIDO 1.1」がリリース、普及促進に向けて国内WGが発足
DDS、FIDOに準拠した認証サービスを提供
DDS、ウェアラブル指紋認証端末を発表 - 決済やネット認証の簡略化目指す
東大、技術偏重ではなく文理融合のアプローチからセキュリティを研究