Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模

ランサムウェア「WannaCrypt」が5月12日より拡大しているが、ラックによれば、同社の顧客環境において5月19日までの約1週間に複数件の感染被害が確認されているという。

同マルウェアは、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった名称でも知られるランサムウェア。脆弱性を悪用してネットワーク経由で感染を広げることから、セキュリティ機関などが注意喚起を行っている。

セキュリティオペレーションセンターや、緊急対応サービスなどを展開する同社によれば、5月12日よりランサムウェアによる通信を検知。複数企業において感染を確認しており、被害は百数十台にのぼっているという。また多くの企業より問い合わせを受けているとしている。

感染被害の相談を受け、調査を進めたなかには、数十台のWindows端末より、感染活動と考えられる通信が発信されているケースもあった。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に