Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模

ランサムウェア「WannaCrypt」が5月12日より拡大しているが、ラックによれば、同社の顧客環境において5月19日までの約1週間に複数件の感染被害が確認されているという。

同マルウェアは、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった名称でも知られるランサムウェア。脆弱性を悪用してネットワーク経由で感染を広げることから、セキュリティ機関などが注意喚起を行っている。

セキュリティオペレーションセンターや、緊急対応サービスなどを展開する同社によれば、5月12日よりランサムウェアによる通信を検知。複数企業において感染を確認しており、被害は百数十台にのぼっているという。また多くの企業より問い合わせを受けているとしている。

感染被害の相談を受け、調査を進めたなかには、数十台のWindows端末より、感染活動と考えられる通信が発信されているケースもあった。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告