Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模

ランサムウェア「WannaCrypt」が5月12日より拡大しているが、ラックによれば、同社の顧客環境において5月19日までの約1週間に複数件の感染被害が確認されているという。

同マルウェアは、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった名称でも知られるランサムウェア。脆弱性を悪用してネットワーク経由で感染を広げることから、セキュリティ機関などが注意喚起を行っている。

セキュリティオペレーションセンターや、緊急対応サービスなどを展開する同社によれば、5月12日よりランサムウェアによる通信を検知。複数企業において感染を確認しており、被害は百数十台にのぼっているという。また多くの企業より問い合わせを受けているとしている。

感染被害の相談を受け、調査を進めたなかには、数十台のWindows端末より、感染活動と考えられる通信が発信されているケースもあった。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査