Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模

ラックは、5月12日以降における「WannaCrypt」の影響について、組織内部での大量感染は、情報の損失はもちろん、業務の停止、対応時における社内の混乱などが生じると説明。

またITガバナンスが十分ではない組織が影響を受けやすいとし、具体的な特徴として、「IT環境の管理が不十分」「アップデートの適用管理が行われていない」「セキュリティ対策製品の利用が限定的」「コンピュータ機器の持ち出しや持ち込み管理が不十分」であることを挙げた。

さらに技術者や担当者の不在、インシデント対応体制なども不十分であることも多いと指摘。今後、亜種が発生する懸念などもあるとして、同社では対策方法などを公開し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク