Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、脆弱性とパッチのマネジメントソリューション

カスペルスキーは、OSやアプリケーションにおける脆弱性やパッチの管理ソリューション「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」を提供開始した。

同製品は、パソコンやサーバに導入されたマイクロソフト製品と、サードパーティのアプリケーションに関する脆弱性情報を収集。緊急度に応じてパッチを適用できるソリューション。従来製品「Kaspersky Systems Management」の後継にあたり、ユーザビリティを改善した。

使用しているOSとアプリケーションの情報をリアルタイムに把握したうえで、脆弱性情報を収集。アップデートサーバからパッチを入手して、脆弱性が含まれるコンピュータと緊急度を提示し、緊急度やスケジュール、対象グループに応じたパッチ適用を実施する。この現状把握、情報収集と判断、対策の3ステップを繰り返すことで、適切な脆弱性対策を行う。

複数拠点へパッチ配信を行う際は、管理対象パソコンのUpdate Agentがパッチをキャッシュし、同じ拠点内の各パソコンへパッチを配布するため、ネットワーク帯域の負荷が軽減できるという。また、業務に不要なアプリケーションの削除が可能で、脆弱性のリスクを低減できる。

価格は、最小構成の10クライアントで初年度13万4676円から。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す